缶に入っちゃうBBQグリル「バーベ缶」

よーし、今日は盛大にステマるとするか。
我がステマパワーで、世の中に面白い商品を発信する。うーんこれ面白そう。さて今回はステマっつうか、私の本業のWEB屋として商品を発信していこうと思う。

世の中、面白いものや、良い物ってのはいっぱいあるけど、それを大衆に向けて発信するってところで、それぞれ会社のマーケティング部隊は頭を悩ませているわけですよ。私の場合、小さくはあるが、ちょっとしたメディア力ってのをもつ特殊系WEB屋だから、今回それを思いぞんぶん発揮させていただく。

缶に入るバーベキューグリルレビュー

バーベ缶 価格は29400円

ははっちょっとビックリした人もいるのではないだろうか。これステンレス製、日本製って事もあり、安物バーベキューグリルとは10倍くらい値段が違います。

バーベ缶の購入ページ

とりあえず言っておくけど、確実に安いものではありません。BBQグリルでランク付けがあるのであれば間違い無くS級のBBQグリルとなります。

安物BBQグリルの10倍の値段差があるが、それでもこれまで数百台販売してきたんだな。やはり人によって価値観は様々。ではコイツの特徴をざっくり話しちゃうから、アウトドアオタクなあなたは一度検討してみて欲しい!

缶の中に丸ごとBBQグリルが入ってる

缶のフタを開けてみるとご覧のように中に何かが詰まっている。これ実はBBQグリルなのだ。そう、ペール缶の中にまるごとBBQグリルが詰まってるんですよ。

バーベ缶というネーミングだが単純だよね。「バーベキューグリル + 缶 = バーベ缶」なのである。ちなみにこれは、いつも私のブログを見ている人は知っているかもしれないな。私のおじさん(50代の素敵なおじさん)が名付けたものである。

組立ては一分

グリルの材料はすべて缶の中に収まっているわけだが、それらを取出しテキパキと組み立てる。時間にして1分もかからない。たぶん最強に早い人であれば30秒を切ることもできるだろう。

ちなみに現在、30秒以内で組立て出来た方には特別に・・・何もないらしい。

網を横に振って炭入れ可能

このバーベ缶の面白いのは、ただバーベキューグリルが缶に入っているだけではない。なんと網がのっている金具は横方向に首を触れるのだ。

首を降る事で、写真のように木炭を入れる事もできる。他には食材が十分に焼けて焦げ付きそうな時は、少しずらしてそれ以上、食材が加熱されないようにする事もできる。

私は、過去に何度もバーベ缶を使っているのでわかるが、この部分がバーベ缶の一番の魅力だと思うね。炭の追加が楽になるし、食材が焦げるのも防げるのは、なかなか他のグリルじゃできないからね。

網の高さを変えて火力調整

これもバーベ缶の特殊能力。火力調整ができるグリルっ珍しいっすよね。原理はとても簡単です。支柱に網用の受け皿がついているから、それを上下に移動させるだけ。

木炭に近づければ強火になるし、離すと弱火になります。これ焼き鳥を焼く時に便利なんだよな。あとこれステンレス製って事もあり持ち手の部分が熱いかとおもいきや、別に触っても大丈夫。熱くて火傷するって事はない。

炭の片付けがミラクル簡単

炭を入れていた部分の底には網が敷いてあるので、それをとっちゃいましょう。すると真ん中に穴が空いているのでその間に炭をガサッと落としちゃって下さい。ふふっ何も心配はありませんよ。

なんと下には炭壺があって、フタをしてしまえば内部の酸素が燃え尽きて自然と消火しちゃうのです。こうする事で炭の後片付けの作業から開放されるし、更にはこの消火した炭は次回、再利用する事もできるのさ。

缶はイスとして利用できる

ちょっと細かい気配りではあるが、中からバーベキューグリルを取り出した缶はイスとして利用する事ができます。専用のイスと較べてすわり心地が最高ってわけではないが、全然イスとして代用できます。

さらに、このように密閉できる事から使い終わった後、グリルを中に入れてもフタしてあるから、バーベキュー臭さがほとんどありません。すると車の中でも気軽に載せておけます。

バーベ缶を開発した田安さん

田安さんとは、昔からの付合いで、いろんな鉄モンを加工して作ってもらったりしたこともある。そしてココ数年はWEB屋としてお手伝いしてるんだ。

動画見てもらうとわかるけど、このバーベ缶は見た目はシンプルだけど、ステンレスの板を切ったり、湾曲させたり、溶接したり、いろいろと手間がかかる。そんな事もあって値段がすこぶる高い。

ただ、田安さん曰く、日本クォリティーだし、ステンレス製だから錆びにくく、ガンガン水洗いしてもらって結構。ものが丈夫なので一度買えば半永久的に使えるとの事でした。

バーベ缶のイマイチなポイント

網が可動するから子供が遊ぶ危険性あり

やっぱりね、ただの紹介だけじゃ面白くないしユーザーにとっても有益ではないんですよ。というわけでいつも通りイマイチなポイントも紹介していこうと思います。

このバーベ缶は網が左右に首振りするから、炭入れとか超絶便利なのだが、それが動くと実は危ない遊びをしたがるものがいます。それは小さい子ども達。左右に首を振れるから、火バサミとかでつっついて遊んじゃうんですよね。

最悪、衝撃がきついとバーベーキューグリルごと倒れて、誰かが火傷したって事にもなりかねないから、バーベ缶を使う時は火の近くに必ず大人が必要。まぁバーベキューにおいて、火の近くに大人がつくってのは基本だけどね。

小型だからせいぜい4人程度だな

見ていただくとわかるように、このバーベ缶は非常に小型のグリルである。なので5人を越えるようなバーベキューには向かない!そういう時は複数バーベ缶を買ってくれると嬉しいいんだけどね(笑)

使い方としては、4人くらいでバーベ缶を囲むようにBBQするのがベスト。思った以上に火力が強いので4人で焼肉などしている分には特に問題はない。

夏場は、バーベ缶を4人、5人で囲んでいろんなツマミを焼きながらビールをたしなむってのもわるくないだろう。

所さんも持ってる巨大BBQグリル

仕方ない、自分は友達がいっぱいいてバーベ缶じゃ間に合わないって方もいるだろう。そういう時は写真に見える巨大BBQグリルを検討してくれ!下記より購入できるようになっています。

巨大BBQグリル購入ページ

値段を見たらきっと先ほどのバーベ缶が安く見えるはずだ(笑)。というかこのバーベキューグリル、この読者の中でも一度見たことあるって人いるかも知れないね。そう実はこれ所さんが持っているグリルなのさ。番組で一度取り上げてもらった事があるんだよ。

そして所さんに使ってもらったところ、所さんから直筆のサインとかステッカーとか届いたんだってさ。

一生モノのBBQグリル

さて私の超ステマレビューはどうだったでしょうか(笑)。
バーベ缶の魅力、そして逆にイマイチなポイントなどバッチリ伝わっていれば嬉しい。価格帯的に高級BBQグリルではあるが、田安さんが言うように一生モノのBBQグリルです。

もし使っていて、何かがあった場合は鉄工所の旦那、田安さんが修理してくれるとの事でした。そういった面では、こうやって製作者の顔が表に出てくるっていいっすね。

用途としては、少人数のBBQって事になるんですが、キャンピングカーの所有者にこのバーベ缶の購入者が多いようです。何か、これ1個積んで適当な場所でBBQするのが楽しいんだってさ。さて今から本格的なBBQシーズン。みんなはこの高級BBQグリル「バーベ缶」どうする?

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

これから必要なのはアウトドア力でしょう!というわけでアウトドア系BLOG『SotoKazu』をオープンしてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

新エントリ

月別